RSS Feed

避けては通れない道

働く前に人間関係について知ろう

2017-05-15

看護師の人間関係は看護師長を頂点とした縦社会です。病院にもよりますが、看護師長の下に病棟師長や病棟副師長がいる場合もあります。看護師として生きていくには、師長や病棟師長と良好な関係を築く必要事が必要です。役職が無い看護関係の職種でも国家資格を所持している人とそうでも無い人とではかなり差があります。中には師長や病棟師長と上手な人間関係を築いている場合もあり、仕事を行う場合にはそのようなスタッフとも上手に付き合う必要もあります。

看護の世界は通常の会社や行政機関よりも女性が多い社会です。そのため通常の会社よりも人間関係が複雑な場合がほとんどです。そのような職場の環境に耐えるだけのタフさが必要になります。仕事内容ですが、外来やクリニックの場合には命に関わることは少ないですが、総合病院や救命救急センターなどで働いている場合は、一つ間違えると命に関わる場合もあります。そのため指導する立場の看護師は厳しい場合がよくあります。

総合病院や救命救急センターで働く場合にはそのようなストレスにも耐えるだけの精神的な体力が必要です。働いている人の年代も様々で、そのためライフスタイルや価値観も多種多様です。特に年代が違う場合には何を考えているのか分からない事があり、それだけでもかなりのストレスを抱えてしまう場合もあります。総合病院や救命救急センターに勤務するナースとして働くには、以上のような事に注意しておくと良いでしょう。