RSS Feed

避けては通れない道

感情的にならないように注意しよう

2017-06-03

看護師という職業は女性が多いため、どうしても人間関係のトラブルを抱えてしまいやすい環境となっています。それは女性特有の、感情に左右されやすい性質が原因と考えられます。そのため様々な職業の中でも、離職率が高い傾向にあります。こういった女性の多い職場に男性が一人でもいる事で、そういった問題は解決する事もあります。

良い人間関係を築きあげていくためには、先輩と後輩の関係がとても重要になってきます。看護師は命と隣り合わせの仕事であるため、ミスは絶対に許されない仕事となります。そういった事から未熟な新人スタッフに対して、強く叱ってしまう事もあります。しかしそれが後輩からすると怖い先輩となってしまい、そこで先輩と後輩の関係が壊れてしまうのです。そうならないためにも、叱り方はとても重要になってきます。後輩がミスをした場合、怒りがこみ上げてくるのは仕方ない事ですが、その怒りまかせに叱ってしまうと自分に対しての人望が無くなってしまう可能性もあります。そのため怒りを感じた場合は、まず心を落ち着かせて平静を保つように心掛けましょう。そして後輩が受け入れやすい、言い方で叱るようにします。

叱る時に大切になるのは、話の筋道を立てる事です。まずミスをした状況やその理由や判断を正確に把握しておく事が重要なポイントです。そして何が原因でミスをしてしまったのかを、一緒に考えていきます。そして次にどのようにしたらそのようなミスを防げる事が出来るのかを考えさせる事です。最後に自分のアドバイスを一言添えると、後輩も受け入れやすくなるでしょう。